FC2ブログ

コロナ禍のびっくり(第73話)

  



コロナ禍に於 いて、愉快な話は


明日への生きるエネルギー

ブログのネタの少ない中

ブログ配信のやり方もどこやらへってな感じ

そんな中、
本当にびっくりなホールインワン

    が飛び込んできました。

  しかも一番身近なところで。

私の妻多賀子に、二回目のホールインワン

   生まれたのです。

過去ブログで、私のホールインワン達成までには、


 物語があるといってまいりました。

しかも、面白おかしく・・・・

今回も愉快なホールインワンとして

  配信したいと思いますので、

しばらくお付き合いくださいませ

   
お母さんが!! 入った~~??

  が生まれるまでの流れを・・・・

ロナ禍による緊急事態宣言の中、

   三密を避けて、タグチ御兄弟と、

一度ゴルフをと、いうことになり、

   岐阜県御嵩町のみたけ花トピアコース


へ有志12名で2月7日親睦会を、計画したのです。


タラれば理論から行くと・・・

まず、ゴルフを一緒にのお話が次男健二に、

    商社田口健一社長からあったことに始まる。


そして、1月31日を2月7日に変更したことから、

  このホールインワンは、

     始まっているのです。


たまたま、格安の優待券が、花トピアのほうで出されたので、

それに便乗して、社員中心の、親睦会を開くことにしたのです。

           そして、

コロナ禍の中なので、パーティは行わず、

    成績発表程度にすることにしたのです。

ただ、田口社長のお話もあり、二組目は、

   田口ご兄弟と、次男健二を固定として、

残二組は抽選組み合わせとして、まず、


二組目の残り一名を、10名の中から、選んでもらったのです。

なんと抽選係のかおりさんが一発目で引いたのが、

     吉田多賀子
ったのです。

ここで、ホールインワンへのお膳立てが整のいました。

令和3年2月7日岐阜県可児郡みたけ花トピアコース


この日は、2月とは思えないほど暖かい日でした。

それに10時台の遅いスタートで、いわゆるゴルフ日和

新型コロナウィルスの問題がなければ・・・

でも、毎日が暗いニュースのなか、

たいへん愉快なハプニング
がおきたのです。

これからその時の状況を再現してみましょう

私たち3組目が15番ショートホールに着くと、

   前の組が待っていて、

   一組目がグリーン上


 あ~これは 待つかな~~  と思い

私は、 🚻 
、すると、長男裕一も、


  女性用だけど、ちょっと待てないから・・・

しばらくして、トイレから出ていった様子。

すると突然、裕一が

トイレのドアを叩き、慌てた口調で

父さん!お母さんが!入りたいって!!

  と聞こえたのです。

ええ!??

 今,俺トイレに入ってるのに、

  隣があるのに
!!

      と言葉荒げに、すると、
再び




お母さんが!!入ったって!!

ええ!??分けわからんな~~

そして、テイーグランドヘ・・・すると

 テイーグランド上で、皆が


入った!!入った!!

何!!??入ったの??


それでようやく私は状況を理解したのです。

ホールインワンしたのか-、

ee!!? 誰に!!??

多賀子に出たのか~~~

多賀子が2回目か~~びっくり

それはもう、びっくりが絶頂に達したのです

それからが大変、皆が 

  どうしたらいいのか分からん!!

私はまずゴルフ場に電話をしたのです。

私の3回の内の2回と多賀子の一回目の時は、


           ゴルフ場に電話をして



ゴルフ場の人に見に来てもらうまで

   テイーグランド上で動かず待ったりしたのですが、

ゴルフ場のフロントの森さんの、

  以前とは変わりましたので、

    まず、プレーを進めてください!!


との話になったのです。


テイーグランド上で多賀子の姿を

     追っていると、


自分で、カップインの状況を撮っていました。


2回目だからか、
ずいぶん冷静だな~~

     と感心したのです。


ティグランド上で、見ていると、

カップインのボールを拾い上げ、

右手で
小さくガッツポーズを

     したのが見えた。
ミッキー1
ホールインワンが生まれるまでの流れは、

あの時の流れから、少しでも、違った流れになると、

おそらく、入っていなかったと思える。

多賀子の前の一組目が、一人も乗らず、

ニアピンの旗が一本もたってなかったことが、

    まず第一の流れ。

 
なおかつ、ニアピンの旗を、一組目のかおりさんが

赤マークのティグランドに、刺していったこと。

  
二組目の、田口兄弟が、二人とも、OB

そして、多賀子の前の、健二が、チョロ

  最後の重要な行動

普通なら考えられない行動があったのです。

ティグランドに刺してあったニアピン用の旗を

まだ自分が打ってもなく、オンするかもわからないのに、

後ろの組の人にわかるところに置いておいて

  
と言ってカートの所まで持ってきたという

三組目の小椋君の談

  ’’ 僕なら、よし!!

   ニアピンを独り占めに!!
と 

     思うけどな~~
のように

  欲のない人だな~~

  カートに旗を、返して、

     赤マーク145ヤードのティグランドへ

 本当に、無心で打ったひと振りが、

   手前のラフに落ちて、


はた

’’
少し左に曲がりながら、


             ピン方向に向かっていった
’’

私の過去の経験では、

かなり右端にカップが切ってあり、


   
一番むつかしいと思われるピンポジションだった

    
そして、

ピン方向に、少し勢いよすぎるくらいの強さで、

  転がってゆき、カップの 辺りで

   ” ボールが消えた ”

” 一瞬どうなったのかわからない感じ ’’

 
だったけど、ティグランド上で

 入った!! 
った!!

の大歓声に包まれたという。

自分では信じられなかったけど、皆の声で、

ホールインワンしたんだ~~

       というのが

  多賀子二回目のホールインワン誕生のシーンだ


今で思えば、私と長男裕一は、

この瞬間を目の当たりに出来なかったのは

誠に残念でならなかった。

  けれども、私が、トイレに入っていたおかげで、

このホールインワンが生まれたと思えてならないのです。

  いや!そう思いたいのです。

  なぜなら、

まずトイレに行かず、ティグランドにいたとしたら、

間違いなく次男健二
のチョロの時に、

  
おいおい!!観客が多いと、

  
全然だめだね~~

    
と激を飛ばしたと思える。

そして、ホールインワンの多賀子が

 打つ前に、

ニアピンの旗をカートに持ってきたのを目にしたら、

私は間違いなく、

 自分が打つ前に、旗を返すなんて、

どういうやる気のなさやー!!

と苦々しく言ったと思う。間違いなく 

それで多賀子の行動が

             少しずれていて、

         おそらく入ってなかったと思えるのです。



ホールインワンへの流れは、打つ前に、

    ハエを払う行動だけでも、

本来の流れが変わり、異なる流れが生まれ異なる結果が

生まれるものと思えてなりません。

その意味において、

私は、トイレに入り、

  
お母さんが入った!!

   の訳の分からない会話から、

一転して、

大笑いの感動のホールインワンを経験することができ、

  よし!今度は、

  私が、15番ホールで、入れることにより

二つ目の
アベックホールインワンを!!

と思い、翌日、私のホールインワン保険を

      50万円に契約しなおしたのです。


    次の74話では

同伴者のホールインワンのその時を配信いたします。




































スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エムテック可児

Author:エムテック可児
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR