FC2ブログ

一日二回のホールインワン!!三人目のご紹介です!!。  (第53話)

  
一日二回のホールインワン

私にとって、三人目の出会いなのです。

しかも、三人様とも直のお話による、ご紹介なのです。!!

今回の繋がりも

当社お客様社長の奥様佐藤純子さんからであります


ある日

佐藤さんから

お待たせしました。ようやく連絡が出来ましたので、

電話連絡してください。

ということで

今回の主人公愛知県江南市

尾関靖敏さんのお宅にお伺いすることになりました。

一日二回のホールインワン達成者との、

三回目の楽しい出会いとなったのです。 
 
ちなみに、お一人目は、

私の「ホールインワン見聞きの旅」の本{51ページ)でご紹介の
白澤俊二さん

そしてお二人目は、

このブログ第27話でご紹介の
吉田広海さん

早速、尾関さんのお話に・・・・

伺ってみて、そのご自宅の立派さには、驚きました。

庭から玄関までのアプローチそして、本屋。

うらやましい限りのつくりでありました。

早速その驚くべきハプニングを

          ご紹介させていただきましょう。

1991年(平成3年)12月15日

愛知県犬山市犬山カンツリー倶楽部

その日最初のホールインワンは、

グランドマンスリー杯

6番ホール180ヤードでした。

少し打ち下ろしのコースなので、4番アイアン

ピン1メーター程、手前に落ち

まっすぐ転がって、カップインしました。

これが一回目ですよね!。

そして、迎えた、バックナイン

13番ホール173ヤード。

6番アイアン

これも手前に落ちて、入ったんです。

このときの、心に残る、ことは?

なんといっても、23年も前のことなのでね~、

あまり覚えてはないですが、

どちらかといえば、パートナーの人が、

驚いて、相当盛り上がっていたようでしたね~

それでね~次のショート17番ホールのとき、

三回目、狙って打つからね~と

相当、気合を入れて打ったけど、

そうは、入らんわね~

ほかに何か、記憶に残ることは?といっても

この一日二回のホールインワンという記憶が、

最高の内容なのに


  尋ねる方が、おかしいですよね~。

それでね~

といって、記念の額縁を見せていただきました。



CIMG1399.jpg 




それは、その当時の

   驚きのニュースとして

          報道されていた様です。

1991年頃(平成3年)といえば

私自身、開業して数年の一番大変な時代でありましたので


ゴルフどころではなかったような記憶があります。

新鮮な記憶のうちに、お目にかかっていれば・・・

    という気持ちもありますが
 
その記事内容から抜粋して、

ご紹介させていただきたく思っています。

その当時の、報道内容は、次の通りであります。

1991年12月17日 中日スポーツ

1991年12月16日 スポーツニッポン

1992年1月 18日 尾北ホームニュース

1992年 4月号   アサヒゴルフ 

1992年
 2月発行中部ゴルフ連盟
       CGA 会報誌

  
中日スポーツの記事をご紹介させていただきます。

6番は1メーター手前に落ちたのが、

まっすぐ転がって入った。

13番では、2段グリーンの手前に落ちたので、

まさか、これも入るなんて・・・。

ホンと夢のようです。

とのコメントがありました。

まさにこれが、達成直後の、新鮮なお話
    

    
と思っています

尾関さんは、何回ホールインワンされてるんですか?

四回です。

1974年{昭和49年)10月8日に、

同じ犬山カントリー17番ホール。

そして、2005年{平成17年}6番ホール。

後は、4番ホールで入れて、

犬山カントリー全ショートホール

ホールインワンを達成したいと思っています。

目標を持ってラウンドすることはとても楽しいことですし

大きな励みにもなりますよね~。

何事にも共通する、若さの維持には、

とても大切なことですよね~。

実はね~。この一日二度のエースのことで、

ギネスに申請したんです。

といって、申請書を出されました。

ええ!!これって、結構、費用ががかりますよね。 
 
すべて英文の書類ですよね。

ええ、英語に堪能な弟の同僚が、

調査からすべて、

やってくれたんです。

いや~すごいですね~。

私の妻が、同じゴルフ場の同じホールで、

二回目のホールインワンを出したら、

アベックホールインワン2セットになるので、

ギネスにその記録があるか調べた

   
と思ったのですが

期間も費用も相当かかるとのことなので、

まあ、妻が入れてから考えよ~

ということにしています。

それで申請はいかがでしたか?

それがね~1991年の時点で

世界で19番目とのことでした。

いや~そんなにもあるもんなのですね~

そして、日本では、2番目だったんですよ。

そこまで調べられたんですか~。

そうそう、その人は、1986年3月20日に

達成されていたんです。

熊本の中央カントリークラブでの達成でした。

その人との、実際の交流お手紙も拝見したのです。

いや、もうびっくりです

そこまで。調べられるなんて、

すごいことだと思いますよ!!。

ゴルフの腕前はもちろんのこと、

その結果に対する、追求心はすごい!!

  と思ってしまったのです。

その後色々お伺いすると、

犬山カントリーで

平成11年クラブチャンピオン、

平成12年にシニアチャンピオン

になられたとのことであります。

エージシュートはいかがですか?

あまり数えてはないけど、10回くらいはありますよ。

エイジシュート証明書も、ありますよ。

でもあまりエイジシュートには執着してないです

やはり、4番ホールでのエース。

全ショートホール、ホールインワン制覇を・・・・・

と目を輝かせておられました。

というように、私との、レベルの違いを、痛感した次第であります。

仕事においても同様と思われますが

とにかく、何事においても、

物事に取り組む姿勢
のすばらしさを

そして、その大切さを、

教えていただいたような気がいたしました。


そして、やはり私の目に留まったのは、

額縁にも、貼ってありました一日二回のホールインワン

いわゆる

ワンラウンド中2度のエース

が記録された
スコアカード

    
であります。


なかなか見ることの出来ないスコアカードです。
 

一枚のスコアカードに


2つも1 があるんです!!

CIMG1400.jpg

私にもこのようなスコアカードが書ける日が

来ることを願いつつ、

玄関からのすばらしいアプローチの階段を、降りて、

お別れのご挨拶をいたした次第であります。


スポンサーサイト



FC2ブログから繋がったお話   (第52話)

私のブログも2012年7月12日に,【絆から生まれた見聞きの旅】

として開設して、満2年になります。

順位も、クリック数も気になるものですね~~

クリック数について、疑問に思う時があります。

携帯などで、私のブログを覗いて頂いても、

その日のクリック数が増えないときが、大半。

FC2ブログに登録されている方からの覗いた足跡は、必ず残りますが、

どのような仕組みになっているのかな

と不思議に思うとともに

とてもコンピューターの

すごさを、痛感しているところであります。

お蔭様で、2年弱で、9000クリックをいただきました。

ありがとうございます。

今後も、私の狭い世界での、愉快なハプニングを、

配信してゆきたいと思っています。

そんな中で私のブログに、

ほとんど毎日クリックしていただいている方がおられます。


ある日、

そのブログから、電話番号を、ピックアップ

すみません、私、

【絆から生まれた見聞きの旅】

    
の吉田と申します。

いつも私のブログを覗いていただきありがとうございます。

いろんなゴルフの、アドバイス、読ませていただいて、

私のゴルフへの、

カンフル剤にさせていただいています。


かなりの、ゴルフに熟達された方と、拝見。

その方は

京都府城陽市で、

ゴルフショップを、経営されている

野村博さんであります

ブログ名は、

【京都府城陽市のゴルフショップ
         ノムラゴルフの店長ブログ】

     であります。


今、私、五十肩痛で、悩んでいます。

右肩、一年半

そして、今、左肩で、半年。

ぜんぜん、ドライバーが飛ばないんです。

何かいいクラブ、または、

治療方法はご存じないですか?

五十肩は、お医者さんでもなかなか治せないくらいですから、

出来るだけ、肩を、

動かし使ったほうがいいと聞いてますけど、


これも人それぞれですね~~

ただ、肩に負担をかけないように、

戻りの早いシャフトを選んだほうがいいと思います。

と色々、私の状況を、話し、アドバイスいただいて購入することにいたしました。

今まで、私自身はあまり耳にしていなかった
シャフト。

トリプルエックスを使ってみては?

と薦めていただきました

使い始めて二ヶ月。

朝のスタート時は、どうしても振り切れず、

右にふけてしまいますが、

肩の痛みが緩み始めてくると、

シャフトの戻りガ、早く、

結構、満足の行く飛びになってきたのです。

特にPRを頼まれたわけでもありませんが、

今までは、

ドライバーの飛距離の差は

ヘッドの影響力のほうが大きいと思っていましたが

自分にあったシャフトの選択が重要と

野村さんアドバイスからも

体感した次第であります。

野村さんは、ホールインワンのご経験は?

ハイ、二回あります。

では、私のブログに、ぜひ、ご紹介させてください。

となり、まとめさせて頂く事になったところでございます。

野村さんのハンディーは?

大学時代のいわゆる20歳代は、

ハンディー ゼロ まで行きましたが、

30~40才頃までは、

この仕事を立ち上げ、軌道にも乗せる必要があったので、

ゴルフどころではなかったですね~、

その間、ブランクがあり、ハンディー3までは戻りましたが、

年齢とともに回数も減り、

今は、その実力もないと思います。

とのことでしたが、

今のゴルフショップの経営に、その頃の経験が、大きく

プラスしていることは、間違いないと思えるのであります。

 
 野村 博さんの、最初のホールインワン

1971年3月7日 敦賀国際ゴルフクラブ 13番 165ヤード

大学秋季合宿

早朝ランニング

朝食後、素振り、アプローチ、パッティングの後、

セルフ、バックで、

砂袋に、目土などをたっぷり詰め込んで

スタート

昼食をして13番ホール165ヤード

迷うことなく、6番アイアンを選択。

ほぼフラットなコースで、

グリーンだけが少し、

盛り上がっている感じのホール。

快心の当たりのボールは、

きれいな弧を描き、

ピンの少し手前にキャリー。

ボールが、ワン、ツー、スリーとバウンドして、

カチャッ!! 

という音がして、ボールが消えたという。

ティーグランドで大喜びして、

ピンの立つそのままのカップを、覗き込んだところ、

ダンロップ65のボールが、恥ずかしそう

   
にしていたという

ちなみに次のホールは、

心はいずこかって感じで

ドライバーは、

O~~B~~

となってしまったという。

うまい人にも、このようなことが、あるんだね~~

     
って感じ。

このときは、学生時代のハプニングであり、保険も入ってなく、

夕食時に、合宿参加者全員で、祝杯を挙げた という。

  野村博さん二回目のホールインワン


1996年10月13日 東城陽ゴルフクラブ


3番ホール130ヤード


前週クラブ選手権予選落ちの、

気分の乗らない感じではあった
ものの、


その日は、ショットが絶好調


バーディーそしてパーと来た、3番ホール。


ピンは、左奥。

ピンの先が少し見えるかなって


感じの打ち上げの130ヤード。


ここも迷わず、9番アイアンを選択。


このときは、やや、軽めに、スイングしたんです


すると、少しドローボールで

ピンに向かって、飛んでいったんです。


ぜんぜん、グリーン上のボールの動きは

見えなかったのですが、


前のパーティーの人が

その状況を見ていてくれたんです。


入った!!入った!!

と大きな声で、叫んでいるじゃないですか。

それで、これは!!

ホールインワンだ~~!!


    と大喜び。


ティーグランド上で、


ヤッタ~!

と仲間とハイタッチしました。


そして、ほんとに入ったのかな?


いう気持ちのまま、グリーン上に、行き、


カップの中のボールを見たとき


うれしさがこみ上げてきました。


そして前の人から伺ったところ、


ピンの少し手前でグリーンに落ち、

スリーバウンドした後

カップに吸い込まれるように、


入ったとのことでした。


このときは、ホールインワン保険にも入っており、


100万円をゲット。


このときは、妻に50万円くらいのプレゼントをと思っていましたが、


1ヵ月後にホールインワンコンペを開きましたところ、

予算オーバーとなり

逆に持ち出してしまいましたよ。


心残りは、

その時の妻への約束が果たせなかったことですが、


次の機会は!!と思っています。


ホールインワンコンペには、9割の人が、シングルさんでしたので、


このコンペで、またホールインワンガ出れば~~

    
と思いましたが、

残念ながら・・・・
でした。


本当に、ホールインワンってのは、

上手だから入るって事ではないので、

面白いものですよね~~


野村さんとの出会いも、ブログからという繋がりからですが、

これもふしぎなご縁だと思っているところでございます。

  次は、一日二回のホールインワン

   私にとって三人目の方とのお話の予定です。

絆って何だろう?    (第51話)

     久しぶりに、結婚式 に御招待していただき

お祝いの言葉を ってことになりました

今では、ほとんど、お見かけしませんが、

私たちの時代の結婚式には、仲人を立てて、挙式したものです。

 ネットで調べてみると【仲人は親も同然】と言う格言にあるように

仲人の影響力は強いものであった 言うことでしたが

時代とともに仲人をつける結婚式は、減少していったようであります。

なんと、首都圏では、仲人を立てる挙式は、

    1%
もっとも多い九州地方でも10.8% と言う。

でもこのデーターは、【ゼクシイ調査2009年9月13日】の時点でのことなので、

今はもっと少ないのでは?と思えるのであります

私のブログの名前は,【から生まれた見聞きの旅】でありますが、

て言葉を絡めて,結婚式などの席でお話させていただいています。 
 
って何だろう

と時々思う時があります。

ネットなどでみると
とは

切っても切っても断つ事のできない人と人の繫がり。

馬などの動物を繋いでおく綱。

    とあります。

親子の源はと言えば、

誰もが血の繋がりと、口にすることでしょう。

それこそ,断つことのできない繋がりであります。 
 
が、夫婦と言うのは全くの赤の他人でありますが

       不思議な事に

夫婦の絆というのは

脆いようでとても硬く繋がることができる

    
もの思っています。

それは幾重にも,絡み合った沢山の繋がり

     
があるからだと思います

お互いに

支え合う

助け合う 

労わり合う

励まし合う

愛し合う

などなど、もっと沢山あると思います。

これらの言葉の後ろには

気持という

と言う言葉がついていると思えるのであります


二人の間には,この目に見えない
    
が、引っ張り合っている

の綱が引っ張り合い繋がっているんだ。

いわゆる,夫婦の絆

気綱

   そして、

気繫

と表現したら良い のでは?

と、ネットでも見かけられない私の作り言葉となりますが、

6月7日のお祝いの言葉にしようと思い、

先に、このコーナーで、ご紹介をさせて頂き、

お二人が断つ事のできない

    
太〜い気綱

でしっかりと固く結ばれ繋がって

素敵なご家庭を築いて頂きたい

と思っている ところであります。 

              

前日までの雨は、
結婚式当日の、6月7日には、

あれ!!と思えるほどの晴れとなり

挙式も、滞りなく進み、

披露宴にも、

会社を代表して5名にて、参列させていただきました。


私たちの時代の披露宴は、お仲人さんの挨拶や、馴れ初めのお話やらと、

来賓の挨拶までは、少し間があり、和み感が、漂い始めた頃に、

ご祝辞となったかと思えるのですが、


今は、始まるやイナヤ、

新郎方の勤め先の社長の挨拶 となるわけで、

三度目の体験とはいえ、

失礼の無いようにするには、

なかなか難しいものでありました。

今回は、お話の内容を、先に、このブログのトップでご紹介させていただき、 
 

何度も、リハーサルを繰り返し、

写真のように、
P1100487.jpg

   絆

   気綱


   気繋

         のお話を、お二人への、

     はなむけの言葉  にさせていただきました。


式場に行ってみると


新潟松本岐阜、鈴鹿、埼玉品川 などのナンバープレートのついた

    
ホンダオデッセイ

     が、ずらりと並んでいました。


 P1100446.jpg

後で、伺ってみると

ネットで知り合った車愛好家のメンバー

      
とのことでありました。

新郎は、

大福倶楽部   オデッセイ、アルファード、エスティマなど15台くらいの仲間

Area45  メインはアルファード数百台の仲間

R.A.B 2014  オデッセイのみの仲間で、196台

の3グループとのお付き合いがあり、

彼女との出会いもこれらのグループ主催

   
プロポーズ大作戦

という愛の 告白タイムにより、実を結んだという。

たちの年代

 このようなネット仲間との出会いから繋がってゆく

車愛好家グループとの

     いろんな交流なんてのは

あまり経験されている方は少ないのでは?

      と思えますが、

この日に私自身知りえたことは

   集まっている人達は、

明るく朗らかな感じ

礼節をわきまえた人が多い、

いろんな県からの集まりなのに、

すごく繋がりが深い感じ

披露宴も、

  若い女性、男性が大半で、

  とても、明るく、楽しい

  3時間であったと思っているところであります。


結婚式っていうのは、

何度お呼ばれしても、

   いいものだな~~
    
と思えたのであります。
CIMG1105.jpg







プロフィール

エムテック可児

Author:エムテック可児
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR