FC2ブログ

四階建て看板と、ホールインワン記念コンペ参加者のサプライズ(第44話)

    
防災の日の9月1日に

直接カップインという感動のホールインワンが

突然、素人ゴルファーの私に、生まれて、

   早、一ヵ月半を過ぎようとしています

  次の写真のように、ピンに当たったガシャ!!という音と共に

カップの中に 収まっていた真っ黒なCROWNのボールが、

  今も、脳裏にはっきりときざまれています。

3.png

この写真は、240*350ミリの大きさに引き伸ばし、

   額に入れて、よく見える所にかけてあります。

カップのふちのカケ 。

そして、カップの底に落ちている芝生

最初に入っている様を見たときの喜びは、

    
表現のし様がありません

少しでも、このときの感動が、いろんな方に伝えられれば、

また、楽しいことかな?と思っている次第であります。

この写真を見るたびに、ガシャ!!という音と、

走っていって

   確認したときの感動が

       
思い起こされます

この写真をご覧になられた方々から、

  ” よく、自分で、こんな写真を撮ることが出来たものだね~~と・・・


  本当に、リアルタイムでの写真なのです。

これも三回目なので、出来たことかもしれません。

振り返ってみますと・・・

富士OGMエクセレントクラブ御嵩花トピアコース 8番ホールのことです。

 平成13年7月8日 私の初のホールインワン。

  植樹をして看板を立ててもらいましたが、

    私一人のときの写真は、見当たりませんので、見つけたら、御紹介させていただきます。 
  
 平成18年7月2日 私が二度目のホールインワン

   但し、このゴルフ場ではありません。

平成22年9月26日 同じ8番ホールで

        私の妻がホールインワン。
平成13年の記念樹の前に、次の写真のように、二階建ての看板を・・・

2階建て


 そして、

 平成25年9月1日 同じ8番ホールで、

          私が三度目のホールインワン

   上の写真の二階建て看板を、下の写真のように、

   10月6日に、三階建ての看板に、していただきました。



3階建て 


 そして、10月11日に、下の写真のように、

   四階建てにしていただいたのです
IMG_0882.png 


  看板の内容を、どのようにしようか?イロイロ、迷いました。

 ” 予約席 ” となると、必ず、そこに、名前が入るってことになるので

   妻の技量を考えると、,これでは、まずい!!。

    とりあえず、

 入ればいいな~という感じをこめて、

   皆さんの応援を頂きながら、

 がんばろ~~ということにしようと思い、 

    ” 予約中 ” とした次第であります。


但し、入るかどうかは、わからないってことになります。

記念のホールインワンコンペを11月3日に24名御招待にて

同ゴルフ場で開催するべく準備を進め、

ご招待の人選の中で、イロイロ迷いましたが、

絆から生まれたつながりの方に

   ご参加いただくことになったのであります。


 サプライズというのは、・・・・・・・

    第36話にてご紹介の92歳河合愛吉様であります。

91歳の昨年6月と7月に続けてホールインワンをされたということから

私のブログにて是非御紹介させていただきたいという流れで、

お話させていただくことが出来たというのが発端でありました。

    そして、7月21日に、妻と二人で、是非ゴルフを御一緒させていただきたい とのお話しとなりましたが、

猛暑の為、実現できなかったのであります

  そんな経過の中で、私にホールインワンが生まれ、ホールインワンコンペのお話しをしたところ、

  ” ぜひ、参加させていただきます ” 

  ” いつですか?”

  ” 11月3日の日曜日です。”

  ” そちら伊勢市からは、こちら岐阜県可児市まで

     車で200キロ弱ありますので、

       お迎えにあがりますよ ”

  ” イヤ!その必要は、ございません。”

  ” ええ??”

  ” 自分で、車を運転していきますので・・・”

  ” 伊勢市から、こちら岐阜県までですよ!”

  ” はい!大丈夫です。”

  ” 昨年は、東北まで、一人で、車を運転していきました。”

  ということを伺い、二度ビックリ

  失礼ながら、92歳で、ご自分で運転なんて・・・”

       考えられない~~”
 ッて感じでありました。

 とりあえず、ご家族の方にもお伺いいたしましたが、本当のお話ということで、

 私自身 ” ご無理ではないかな~~?” と思いつつ、

       ご家族の方にお伝えした次第であります。

 とにかく、36話のお話しのように、ずば抜けた、生命力を供えられた、

   超人ともいえる、方であると、

またまた、 再認識した次第であります。

  このブログの、第36話をもう一度覗いて見てくださいませ。

 この方が、私のホールインワンコンペにご参加いただくことが決まり、本当に、

    サプライズと申しましょうか、

    光栄の至りでございます


  11月3日の記念コンぺにご参加の皆さんが、

優勝そして、8番ホールにちなんだラッキー第八位を目指すと共に、

この、河合様の元気を頂くことも、楽しみに

      
して
、いるところでございます。

 何せ、天候が心配!

 私の、二回目のホールインワンコンペの時は、

バケツで、水を、ぶっちゃけたような

大雨の中での開催であっただけに、とても心配なのです。

          (このときのお話しは、第33話をご覧下さいませ。)

 とにかく、台風27号、28号が、日本列島に上陸しそうで、心配ですが、

  ” ゴルフで言う、ドスライスで、右に大きくそれてくれ~~” 

        ッて感じであります。

         そして、

” 29号30号が今後生まれても、

   
日本列島に近づかないで~~~

   コンペの邪魔をしないで~~~”

  と願っている所であります。

   ・・・とここまで、ブログをまとめていたところ、

   河合様の御家族の方から、電話が入り・・・

  ” その後、体調は、問題無い様子で、

      ホールインワンコンペには、参加の予定です。”

        
とありがたいお話になりました。

  ” でも、普通で考えれば、自動車の運転は・・・ってことになりますが、

             大丈夫だと話しています。”

  ” 先日、愛吉様から電話がありまして、

    一人で、開通したばかりの高速道路を運転して

   和歌山県の新宮まで行ってきましたと話されましたよ。”

   ” そうなんですよ高速道路も、それなりに、

      スピードを出して
走るんですよ。” 

   という感じで、” 普通の92歳ではない 

        
って感じであります。

 無事に、私のホールインワンコンペが楽しく開催でき、

  無事に参加者全員が

   幸せな気分になってくれることを、

          
念じつつ、・・・・

  コンペの結果は、後日にと思いますので、

   是非、また、

私のブログを覗きに来て
さいませ。


スポンサーサイト

北海道でのカップインと13日後の・・・・   (第43話)

  
私自身のホールインワンに絡んだお話は

         11月3日のホールインワンコンペまでに、

  もう一度つぶやかせていただきますが、

今回のホールインワン達成の直後から一ヶ月半経過した今も、

 ” またまた、入ってしまうような感覚 ” を覚えてしまいます。

私の本の『ホールインワン見聞きの旅』に御紹介の中に、

 ” 続けて、近い日の内に入ってしまった。” という方が、何人かおられます。

 今回は、北海道で生まれたホールインワンから13日後に 

” また入ってしまった。 ” 

  という林功司氏の愉快なお話を

  『ホールインワン見聞きの旅』143ページの中から抜粋してご紹介させていただきます。

 林功司氏との出会いは

私のサラリーマン時代の上司の田野吉一氏がホールインワンを二回もされたということを知り、

ホールインワン見聞きの旅』の資料作りをしていたところ、

愉快なホールインワンをされた方が・・・

     
ということで、御紹介いただいた繋がりであります。

(田野氏のお話は『ホールインワン見聞きの旅』の本139ページを、参照ください。)

林功司氏の初のホールインワン

1993年(平成5年)9月23日

北海道千歳市丸増ノースヒルG.C.(現:髄緑カントリークラブ恵庭コース)

    12番154ヤード

このコースは、ジャンボ尾崎監修のOBのない、雄大なコースという。

グリーン周りの右側に池があり、、多少右ドッグレグしている為、

林氏
の持ち球のフェード系には、最適のコース設定だったという。

打ち出されたボールは、理想的な球筋で

フロントエッジから転がって、ピン方向にまっすぐ・・・・・

キャディーさんが、  ” 入る~~ ” の声が、・・・・

” 20年も経つのに、このときの声が今も耳に残っている。”

” そして、スローモーションのような感覚で、

  
カップインしていく光景が、脳裏にはっきりと、きざまれている。”

               
ということでした。

このホールインワン達成時期といえばバブル期の好き時代で、

  ホールインワン賞として、

  羽田と千歳間の二名往復航空券を頂いたという。

 この頃は、あちらこちらのゴルフ場のショートホールには、

ホールインワン賞として、いろんな企業が、広告もかねて

商品を提供していました。

今は、プロゴルフツアーくらいに見かけるだけで、

本当に、バブル期の好き時代であったかもしれません。


林氏の弁によれば

 ” この頃が、一番充実したゴルフが出来、

      飛距離も、スコアーも 、

        満足できる良い思いでの多い時だった。 ” という。

  そりゃ~そうでしょ

    13日後に、また入ったのです!! ”

   このようなお話を、結構、見聞きの旅でまとめていたので、

  私自身、9月1日以降、結構、集中してショートホールに臨み

トライするようにしていたのであります。

       でも、 もう、一ヶ月半は経過って感じであります。


林氏の13日後のホールインワンのお話に戻りましょう。

1993年(平成5年)10月6日

  神奈川県秦野G.C.  7番  90ヤード

先に、ご紹介のように、13日後に、また入ったのでありますから

  その充実ぶりと言うのは、申すまでもないって感じであります。

丹沢の山岳コース

ティーグランドが、改修中のため、仮設の人工芝。

池越え、の打ち降ろし。

グリーン奥が,OBという ” イヤ~ナ ” 気分の設定。

林氏の打ち出した状況を、解説して見ましょう。

  ” わ~~トップ気味だ~~”

  ” ワ~池だ~~~”

  ” ワ~池が越せた~~”

  ” エッジでワンバウンドだ~~”

 そのボールの勢いからすれば

  ” いや~~オーバ~かも~~”

 と思った所

  ” カツ~ン” て感じで ” 旗竿にあたった!!”

すると、ボールがまっすぐ下に跳ね

     ” カップイン!!!”

 ” ワ~~!!ホールインワンだ~~!!”
      
っとなったのであります。

 ” まさに、奇跡だ~~” と思ったそうであります

もちろん、嬉しかったことには違いないのでありますが、

      なぜか?? キャディーさんに

 ” 今日のホールインワン のことは、なかったことに・・・・・

        
”と頼んだという。

  ” ノ~~~!!! ” となってしまい。

  ” ホールインワン成立!!” ッてなってしまったという。

 その行動の理由は、以下の通りであります。

 ホールインワン保険に入っていなかったので、

  ホールインワンのお祝いをする費用のことを考えると、

 そして、そのホールにかかっていた 

   ” ホールインワン賞の内容のことも考えると、割に合わないかな~

          ッと思ってしまったという。

  ” 前回は,航空券

   今回は、 ボール2ダースと、英国キャディーのブロンズ像 

        となっていたという。


確かに、このバブル時代に、ホールインワンするとお祝いの費用が、かかるので
  
   ” 入らなかったほうが良かった。” 

           
とのお話は、よく聞いたものであります。


   林氏によれば、このような経過の中で生まれた二回のホールインワンは、

  今となってみれば、” 良い思い出になりました。”との思いが強く、

 ” 今でも、ブロンズ像は大切に持っています。” といわれ、

   私の『ホールインワン見聞きの旅』の本の編集時に、

ブロンズ像の写真と自費で作られたテレホンカードを送っていただいたのであります。

今は、携帯電話の時代でありテレホンカードなんてのは、ほとんど、

使われなくなってしまい、あまり、目にもしなくなりましたが、

         次の写真をご覧下さいませ。

二回のホールインワンが13日という短期間でのハプニングということもあって、

     二回分を一枚のテレホンカードにまとめて

         配ったとのことであります。

  内祝い的に、配った当初、

   皆さんから、” けちだ!!” と言われたそうでありますが、

 ” 一枚のテレカに、

     二回分のホールインワンが印刷してあるから、

       この方が価値がある!!”、と切り返し、

                笑いを頂いたそうであります

今は、隠居の身であるので、

   ” 年齢83か84歳のときに

      エージシュートをしてみたい!”
 

           とのことであります


   二回分のホールインワンが記録された珍しいテレホンカードの写真をご覧下さいませ。

IMG_0082.jpg

プロフィール

エムテック可児

Author:エムテック可児
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR