FC2ブログ

最新のホールインワンのお話のつなぎとして・・・

   ホールインワン見聞きの旅のPRコーナー                                          自費出版で本を発刊するということは、初めてであり、どのような仕組みなのかも分からないまま、私たちの記念本をどなたかに読んでいただきたいという気持ちから、いろんな方々にご無理な御願いもしてまいりました。  そして、私の『ホールインワン見聞きの旅』の本を自社販売と、ネットショップ アマゾンで販売をしてまいりましたが、半年毎に出版社から販売実績が連絡されるとのことでした。
  前々回に、載せましたが、8月31日時点で、自社販売数331冊となり、いろんな方々に私たちのアベックホールインワンのことや、30名弱の方のホールインワンのストーリーをお伝えすることが出来ました。自社販売の方々は、私が、御願いいたしお手元にお渡しできた本で、あの方に読んで頂いた・・・という気持ちがとてもうれしい気持ちになりました。
  そして、楽しみにしていた出版社のアマゾン経由販売実績が、本日、連絡されてきましたところ、発売以来6ヶ月で7冊とのことで、少しがっかり致した所です。前回も呟きましたが、著名でなく、すばらしく優秀でもなく、限定された範疇の話題の本の売れ行き度というものは、大変厳しいものと痛感いたしました。しかも7冊のうち2冊は、私の高校時代の同級生であると、後日分かり、そのありがたい気持ちを、幾度もお伝えいたした次第であります。ただ、見知らぬ方から、購入していただくということも、なんと表現してよいのか分からないくらいうれしく、また、ありがたいことと、思えるのであります。未だ、たくさんの本の在庫がありますので、ご興味のございます方は、アマゾンか、当社エムテックにてお買い求めいただきたく、おねがいいたし、PRコーナーとさせていただきます。(エムテック可児から当社ホームページを開いて見てくださいませ)                        平成24年8月31日
スポンサーサイト



みんなの広場的なブログに・・・

        『ホールインワン見聞きの旅』の本をまとめて、やがて1年になるという時期になりましたが、
その後私の周りで生まれたホールインワンのお話や、ゴルフがらみで心温まる、いろんなストーリーが、集まってきましたので、思い付いたまま、今日以降、呟いてゆこうと思います。そしてこのコーナーで、見聞きの旅つながりの方ヤ、私の周りで繋がってきている方々の呟きのコーナーになればと思い、ブログ開設のご案内をさせていただいた絆仲間に、お願いしている所です。良い意味で、是非、どなたかにお伝えし、お互い、笑い、励ましあってゆける癒しのコーナーにして行ければと思いますので、宜しくご支援のほど、御願い申し上げます。
  現在、8月19日に生まれたばかりの素敵なホールインワン(私の知人)のストーリーの情報収集中ですので、まづ、このお話から入りたく思っています。 記憶が新鮮な内に 水野様、石井様早く,データー御願い致しま~~す。

 
                     平成24年8月29日 9月初旬には、まとめて頂けるとの返事が来ましたので、しばらくの猶予を御願い致します。

平成24年8月30日


『ホールインワン見聞きの旅』のその後           (第2話)

  週刊ゴルフダイジェストに『私たちのアベックホールインワン』のことを、掲載していただき
『ホールインワン見聞きの旅』の本が少し一人歩きして売れるかなと期待していましたが、ネットショップアマゾンで一冊は売れました、という程度でした。見知らぬ方に有名人でもない著者の本を、読んでいただけることは、大変難しい事と、痛感いたしました。結果的には、私の会社繋がりで329人の方にお渡しすることが出来、絆から生まれた稀有なアベックホールインワンのことを知っていただけました。その後、中部ゴルフ連盟の広報誌のCGA誌夏号の新刊案内のコアーにも見聞きの旅の本の紹介をしていただきました。これ以上の一人歩き工作は、もう無いと思いながら、ブログでの呟きをしているところです。
  見聞きの旅の出だしは、落語や、諺にも出てきます[風が吹けば桶屋が儲かる]的なことから始まっています。石川遼プロの9月25日のホールインワン達成のお陰で、その翌日、私の妻がホールインワンをして、同ゴルフ場同ホールのホールインワンが生まれ、そして、前回ご案内の遼プロのサイン入りの『見聞きの旅』の本が、私の手元に届いたという不思議な流れの中での物語の設定になっています。この世の中、風が吹けば・・・的な考えで
物事を考え夢を作っていくことも、迷惑をおかけしなければ、良いことかなと思えるのであります。後ほど、この続きを・・・と思います。
プロフィール

エムテック可児

Author:エムテック可児
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR